重曹 床掃除

床掃除

重曹を役立てて家の隅々までをきれいにできるでしょう。
床掃除の際にも重曹が活躍し、水と混ぜ合わせた重曹を床にスプレーしたら、拭き取ります。
加えて、水気を切った濡れ雑巾を準備し床を拭いたら掃除は終了です。
ラグやじゅうたんのケースでは、重曹を撒いた後少しの間放っておき、掃除機をかけ、ごみや重曹を吸い取ります。
そして、床の場合と同様にして水で薄めた重曹を至る所にスプレーをし、布で拭いてからさらに水気を切った濡れ雑巾で拭き取るのもおすすめです。
また消臭機能もある重曹なので、嫌なカーペットやじゅうたんの臭い消しにも活躍します。
ところが、畳や床の資材次第では重曹がダメージを与えてしまうこともあるので、前もって重曹が使えるかを確かめることが肝心です。
壁を綺麗にしたいときにも重曹は大勢の人たちに使われています。
水と混ぜ合わせた重曹をスプレーで噴射し、拭き終わったら、少し濡らした布で拭いていきます。
頑固な汚れに対しては、複数回に渡って繰り返せば効果が出てくるはずです。
とはいえ、力いっぱい研磨すると壁紙に負担がかかるので、気を付けましょう。
また、重曹は窓ガラスの曇り止めにも役に立ちます。
水と混ぜ合わせた重曹をスプレーで噴射し布で拭くと、ガラスがとても美しくなるでしょう。
しかし、ガラス窓がアルミサッシとなれば、素材を傷めるため重曹は使わないようにします。
電灯周りの汚れも重曹が効果を発揮し、こちらも重曹水のスプレーを使います。
材質が木や布のものは、ダメージを重曹が与えてしまうので、それ以外の器具の場合に使うようにしましょう。