重曹

重曹とは

重曹と呼ばれているものは、正しい呼び名は、炭酸水素ナトリウムと称される物質です。
ガラスの製作時や鉱山にて見つかるものと知られていて、唾液など人の体にも微量に存在しています。
重曹を化学的に生成するなら、石灰それから塩を準備します。
重曹という物質は、大別すると五種類の機能が備わっています。
初めに、重曹は非常に柔軟なので、磨く際に効果を発揮し、そっと洗うだけで難なく汚れを落とすことが可能という点が強みとなっています。
加えて、弱アルカリ性の重曹に関しては、多くの汚れが酸性に属すのに対し、それらの作用を打ち消してくれるので、臭いの消臭効果があったり、きれいな水質の確保が可能になると言えます。
また、硬水を軟化させる性質も備わっていて、成分としてミネラルが入っていることから、水が柔らかい性質を持つようになります。

 

重曹

そういったわけで、潤いのある肌に導いたり、柔らかい味の料理にしたり、物を簡単に磨くことができます。

加えて、重曹は臭いを吸収する働きがあるため、臭いの除去にも有効と考えられます。
あとは、臭いに限らず、水分も吸い込んでくれるので、湿気取りも期待できるのです。
それから、膨張させる効果もあるので、お菓子作りにも用いられます。
重曹に対してはアレルギーを持つ人もあまりいないので、安心な食べ物と考えられています。
このようなことから、幅広く使用することがでできる重曹は、色々な効果があるのです。
重曹は食品と清掃のときに用いるものととでばらばらにお店に置かれているので、使う際は混合しないようにしましょう。
基本的に食品の場合は粉ですが、掃除で使う重曹というのは粉のみならず、スプレー型や液状になっている商品など多様ですから、自分自身に合ったものを入手すると良いでしょう。

 

重曹を掃除に使う

利用するポイントごとに多様な使い方ができる重曹は、普段生活する中で絶対的に必要な物質と言えるでしょう。
粉の重曹が食品売り場に並んでいることが少なくありませんが、掃除の時に使いたいならば食品専用ではなく、掃除タイプを買うようにします。
重曹の力で冷蔵庫やレンジの掃除を行うのであれば、まずはスポンジを水に浸し重曹をくっつけて汚れている箇所をこすります。
また、重曹大さじ4につき水1リットルの割合で溶解させて、その液体を布やスポンジに含ませて汚れを拭い落とします。
どんな時でも終わりは水で完全に拭き取るようにしてください。
カップについた茶渋や汚れを落とす場合や、タイル壁や床の汚れを落とす際にも重曹は効果を発揮します。
スポンジに重曹を塗り、汚れている部分をこすり落としていきます。
取り除きづらい汚れであれば、用いる重曹の量を増やしてみましょう。
加えて、締めくくりとして水で汚れをぬぐい取るのを忘れないようにします。
アルミ製以外の鍋の焦げを取りたいケースでも重曹は、頻繁に用いられます。
鍋に水と重曹を混合させて、五分程度の間、煮沸させます。
鍋を冷ましてから、鍋の水は捨ててしまい、たわしなどで鍋を擦ればたちまち焦げが落ちていきます。
また重曹というのは、収納庫や靴箱などの臭い取りにも良いと言えます。
一カップ程の重曹をビニール袋に入れたあと、袋をゆるく結んで、臭いがしているスポットに置きましょう。
重曹を紙で包装したり、瓶に移し替えてゆるく蓋をしたりするのもうまいやり方です。
臭い消しに用いる場合の重曹の寿命は三か月ほどであるため、コンスタントに新しい重曹と交換する必要があります。